docomo・au・ソフトバンク、どのiPhoneに乗り換えるのが得?

各社乗り換え割を用意してるから、そのまま今のキャリアで使い続けるよりも、別のキャリアに乗り換えた方が断然お得。

すでにこれまでMNPで他社に乗り換えた経験がある人も多いでしょう。

大手キャリアは3社しかないので、自分の契約してるキャリア以外の2社が乗り換え候補となります。どちらか好きな方、あるいは金銭的にお得な方を選べばいいわけです。

ただし、iPhoneユーザーだけはちょっと勝手が違います。他機種と違ってある問題が関わってくるため、好きな方を選ぶという時代ではなくなっているのをご存知でしょうか?

乗り換えるならdocomo一択の時代に

iPhoneはdocomo・au・ソフトバンクから発売されています。じゃあどこのiPhoneも一緒かというと、実は違います。

格安SIMの登場で大移動期に突入してます。格安SIMへいずれ乗り換えることを考えると、iPhoneはdocomo製が一番という結論に達します。なぜならauとソフトバンクのiPhone6Plusなどは格安SIMで使用できないから。

ほとんどの格安SIM会社はdocomoの余り回線をレンタルして営業してます。そのためdocomoのスマホやiPhone以外は動かないのです。

だからもし今auやソフトバンクのiPhone6を買ってしまうと、格安SIMへ乗り換えるときSIMロック解除の必要が出てきます。当然料金がかかるし、契約後6ヶ月未満のiPhoneは解除に応じないなどの規定が存在します。

本当にauやソフトバンクがロック解除に応じてくれるのかも怪しいところです。

こうしたことを考慮するとこれからiPhoneに機種変更するなら、docomo以外は罠ともいえる状況です。

大手キャリアをやめて格安SIMへ乗り換えるなら

キャリアスマホの月額料が高すぎるため、格安SIMへ乗り換える人が増えてます。ブームといっていい感じですよね。

iPhoneへの機種変更と格安SIM乗り換えを同時に行うのであれば、iPhone6のSIMフリー機を購入するのがベストです。SIMフリー機ならほとんどの格安SIMで使えます。

契約したSIM会社が気に入らなければ次々と別の格安SIMへ乗り換えて行くことも可能。

でもiPhone6のSIMフリー機は10万円ぐらいします。高いですよね。そこで登場するのが中古のiPhone。

いわゆる白ロムというやつですね。iPhone6の白ロムなら7万円ぐらいで買えます。iPhone5sとかなら4万円~5万円。ただしこの白ロムというやつはSIMロックが掛かっているものなので、必ずdocomo製iPhoneを購入するようにしましょう。

auとかソフトバンクの白ロムiPhoneを買ってしまうと悲惨ですよ。

「おっ!5万円のiPhone6発見!相場より2万円も安い!よし買っちゃおう!」と喜び勇んだものの、後でソフトバンクのiPhone6であることに気づいて泣きを見ると。。。

大事なことなのでもう一度言います。白ロムのiPhoneを買うときはdocomo製であることを確認してから買いましょう。