格安SIMって本当に大丈夫なの?

スマホの毎月の支払いが大変。

ならば噂の格安SIMはどうだろう?

そういう人がいま増えてます。雑誌などを見ても格安SIMや格安スマホのことがよく特集されてますよね。

でも果たして格安SIMは大丈夫なのか?

2016年スマホ界の勢力図が塗り変わる

格安SIMはスマホ業界を一変させると言われてます。

docomoなどの利用者は2016年頃までに激減。格安SIMがスマホのスタンダードになるのだとか。でも料金の安さを考えるとその通りになりそう。今のスマホ代って高すぎますよね。

格安SIMはdocomoやauの余った回線をレンタルして運営されてます。だから回線品質自体は今までと大きく変わらないんですね。使ってみると違いがほとんどわからないレベルです。CDとMP3みたいに。

音声品質など従来の回線とほとんど一緒。それなのに料金は2000円とかです。確かに大移動が始まるのもうなずけます。各社の料金プランをのぞいて見るとだいたい音声通話プランは1700円とかです。すごく安いです。

でもこれが適正価格ではないでしょうか。ガラケー時代もこんな感じだったし。今までが異様だったのです。

格安SIMの弱点

時代が変わることは間違いないような気がします。

しかしそんな格安SIMにも弱点が存在します。

1番の弱点は電話を掛けると高くつくこと。今までのスマホのように無料通話分などがありません。通話代は全部料金が掛かってきます。

現在1分40円ぐらい。

電話をたくさん掛ける人は格安SIMに変えても結局4000円とか5000円ぐらい行ってしまうかもしれませんね。

LINEやskypeなどを使ってIP電話を活用していけば、電話代はかなり減らせるでしょう。

もうひとつ弱点としてあるのがサポートがなくなること。何かあるたびにdocomoのお店に駆け込んでいたウチの両親などは困るでしょうね。docomoメールなどのdocomoのサービスもなくなります。大丈夫でしょうか。

若い人は操作がわからないとか言ってdocomoのお店にいちいち駆け込まないので、サポートの不安はほとんどないでしょう。メールもG-mailなどがあります。

もし両親が格安SIM乗り換えを検討してるなら、家族が手助けしてあげるといいかもしれませんね。

ネット申込みで手続き簡略化

そんなに安くなるなら乗り換えたい。でも手続きが面倒そう。そんなふうに私は当初思っていました。手続きが大変そうだから今のスマホのままでいいやと。

でも2年縛りの更新が来たので思い切って格安SIMにトライ。やってみると手続きしては意外に簡単でした。docomoの解約はネットで出来たし、格安SIMの申込みもネットで5分ほどでした。

SIMカードが届いたらスマホにそれを挿して初期設定するだけ。これは3分もかからなかったです。

もっとやることがあるのかなと思ってので、こんな簡素な手続きで本当につながるのかと疑いました。試しにネットにつなげてみるとdocomo時代と変わらないスピードでつながりました。でも料金の支払いはちゃんと格安SIM会社になっていて安心しました。月2000円とかです。

ネットで申し込めるから手続きは思ってる以上に簡単です。